庄原市 自然素材 住宅リフォーム 新築

自然素材を使用した住宅リフォーム・新築をお考えのあなたへ 山形建設株式会社
ご相談・お問い合わせはこちらまで
0120-170-537 0120-170-537
資料請求
お問い合わせ
  • HOME
  • 自然素材をふんだんにつかった健康住宅
  • 田舎暮らしのすすめ
  • 通気断熱WB工法
  • 施工事例
  • お客様の声
  • お問い合わせ

耐震について

大地震から最愛の家族を守る。耐震診断から診断書の発行、提案、補強工事までトータルに考えた住宅新法に適合したシステムで、耐震リフォームをご提案いたします。

少なくとも1981年(昭和56年)以前建てられた建物には 壁量の充足 壁量のバランスを診断の上、補強工事をおすすめすることが、私たちのお客様に対する責任であると考えています。


  • 筋かい金物

    筋かいが柱と一体になることが
    重要。


  • 火打ち金物、梁桁など

    しっかりと固定されるよう、かけ渡しの補強材です。


  •  

    柱の脚にも接合金物を取り付けることが重要。

大震災による建築物等に関わる被害は、死者数の大部分が建物等の倒壊が原因です。

現在の耐震基準を満たさない昭和56年以前の建物に被害が集中しています。

リフォームの耐震について

家全体の耐震を知る為には耐震診断を行います。既存の建物、特に昭和56年以前に建てられた建物においては、壁量の充足・壁量のバランスにより補強が必要になります。

リフォーム時には耐力壁が足りないとか、内壁か外壁をこわして筋交いを入れるという工事になります。その壁は窓が存在していた、収納として使用していたなどの問題が発生します。

補強壁に窓があったり、収納が減ってしまうという問題を解消するために、三角火打ち金物をご提案しています。構造用合板の併用により、その家の耐震補強の問題点が解消します。

木造在来工法の火打ち金物として水平構面の補強と、開口部に三角火打ち+構造面材を併用する事により、耐力壁として壁量参入が可能となりました。

認定の取得
  • Zマーク同等認定取得
    認定名 : 三角火打ち金物 認定番号 D33A03-1
  • 国土交通大臣認定番号
    FRM-0031 <3尺壁倍率 1.6倍以上>
    FRM-0032 <6尺壁倍率 1.0倍以上>
三角火打+構造面材

『壁配置とバランス』コンピューターシステム診断

壁をバランスよく配置することで、さらに、強度アップ

耐震診断ソフトを用いて壁の量や位置を入力し、精密な耐震診断・補強プランの作成を行います。

『接合部補強』細部のつなぎ目は認定金具で万全

接合部補強壁の強度を高めたとしても
柱と梁・柱と土台・基礎と土台などの
構造接合部で補強することで
強い揺れに襲われた時でも、
構造材の脱落を防ぎ、
より耐震性を保持する耐震リフォームを行います。

『基礎補強』基礎の強化で完璧

基礎補強既存住宅を調査し、無筋基礎または、不適格基礎の場合は
基礎打増工法により基礎を補強します。

この工法は、既設基礎の外側に鉄筋の基礎を打増して、
構造補強を行い、耐震性を高めるリフォームを行います。

あなた家族の暮らし財産を守るために、
耐震リフォームを検討ください。


無料お見積り・ご相談はお気軽にお問い合わせください
0120-170-537
メールでのお問い合わせはこちら
家づくり大満足セット